Home » ANOYODESUGASAIBANINSAIBANWOHAZIMEMASHITA GE by SUZAKI SHOTARO
ANOYODESUGASAIBANINSAIBANWOHAZIMEMASHITA GE SUZAKI SHOTARO

ANOYODESUGASAIBANINSAIBANWOHAZIMEMASHITA GE

SUZAKI SHOTARO

Published
ISBN :
Kindle Edition
153 pages
Enter the sum

 About the Book 

あの世の裁判官、真夜(まや)の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。彼女の絶望を打破するため、日下部影介(くさかべえいすけ)は真夜のために戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。しかし物語は、それからが本当の始まりだった。ある夏の夕暮れ、影介は裁判員仲間の九条咲(くじょうさき)、山城明日香(やましろあすか)と共に青年の幽霊と出くわす。それはこの世をさまよう浮遊霊だったが、しかしその男の顔を見て、明日香は驚愕する。「いまの……いまのは……More あの世の裁判官、真夜(まや)の正体は意外なもので、また抱えている過去はどうしようもなく哀しいものだった。 彼女の絶望を打破するため、日下部影介(くさかべ えいすけ)は真夜のために戦う。その結果、彼女のドラマはいちおうの結末を迎える。 しかし物語は、それからが本当の始まりだった。 ある夏の夕暮れ、影介は裁判員仲間の九条咲(くじょう さき)、山城明日香(やましろ あすか)と共に青年の幽霊と出くわす。それはこの世をさまよう浮遊霊だったが、しかしその男の顔を見て、明日香は驚愕する。「いまの……いまのは……足利くんだった……」 青年の名前は足利勇作(あしかが ゆうさく)。かつて明日香と同じ中学校に通っていた生徒であり、共に夢を語り合った同級生だったのだ。 同じ時代を共有した友人が、既に死亡して浮遊霊になっていたことを知り、暗く沈み込む明日香。 そんな明日香の前に現れた真夜は、神妙な面持ちで告げた。「足利被告を捕まえる。そして、その裁きを私たちの手でやることになった」 中学時代の友達を裁くことに、複雑な表情を見せる明日香。そんな明日香を気遣う影介たち。 だӔ